本文へ

Wワークや副業をお考えの方

マイ家事(自己流)をビズ家事(ビジネス向け家事)にして収益を得ることができます。

家事代行アドバイザー認定講座で学べる事

起業するために必用な主な3つの要素

起業するために必用な主な3つの要素を学ぶことができます!

厚生労働省が4月20日に発表した平成18年版「働く女性の実情」(女性労働白書)で、女性起業家に厳しい現実があることが分かった。白書によると、起業希望者に対する実際の開業者の割合は、女性が26.8%、男性が13.0%で、女性の起業実現率は男性の2倍以上だった。その一方で廃業する割合も多く、男性11.8%に対し、女性は22.9%だった。

スキル力

スキル力

家事代行業は、普段行っている家事の代行ですが、自己流ではない‘プロの意識と立ち居振る舞い’が必要となってきます。実際の現場での対応法、また効率よく作業するための実習も体感できます。特に家事代行のご依頼で一番多いのがお掃除です。そこで必要とされるスキルは30年の歴史を持つ日本ハウスクリーニング協会で培ってきたノウハウを持つ講師が、プロになるためにしっかりと指導いたします。

集客力

集客力

起業とは、基本的に自分で仕事を見つけていくことです。それには、市場を知りお客様のニーズと自分のポジションを見つけ出す力が必要となります。まずは「夢ぷらんシート」を作成していくことで、自分
にとって大切なこと、やりたいことなどを明確にします。そこから集客するための具体的な行動を決めていきます。 3年後の自分の姿をイメージしワクワクしてみませんか!

経営力

経営力

家事代行サービス業界では、特に働き方や雇用方法など様々です。お客様に安心と信頼を届けるために、基礎的な労働法や賠償責任保険加入の必要性学ぶことができます。また、社会的責任を担う個人情報取扱、契約書や見積書などの書式の雛形も参考にできます。


  • 認定資格でお客様にも信頼がつく!

    家事の代行で誰でもできそうなお仕事ですが、意外と時間内に終わらせるポイントや段取り力が必要となります。そんなスキルを学んだ証として認定証を携帯することで、お客様に安心と信頼をお届けできます。


  • 定期となるので、安定した収入が見込めます。

    1件のお客様と契約成立することで、毎月安定した収入が確保されます。新しいお客様が増えるごとに、売上げが累積されていきます。


  • 起業後自信がついたら、「講師」となる道もあります!

    日本家事代行協会では、「育成」と「仕事」を一対と考えております。事業が安定したあとは、人育てとして「講師」として活躍する場がありますので、いつでも相談ください。

日程と申込はこちら