本文へ

info-main-text

協会設立への想い、私たちの目指すもの

私たちは、お掃除を通じて女性がイキイキ輝く社会創りに貢献することを目的にしています。

ミッション

働く女性の家庭内サポートと培った家事スキルを活かした働く場の提供をします。お互い得意とする領域に気づき自分を築き、そこで「絆」を大切にしあうことで感謝にあふれた社会にすることが私たちのミッションです。

組織図

家事まで手が回らず快適な暮らしができない核家族や共働き、高齢者や単身で暮らしている人たちにとっては、家事のサポートが今後ますます必要不可欠となっていきます。一方で、今まで培ってってきた家事のスキルの経験を活かしきれていない主婦(夫)もたくさんいます。そんな方たちが、お互いに自分の得意とする分野で助け合いスキルを認め合う「絆」で結ばれる社会にしていけば、女性がイキイキ輝くはず。
社会の核となるのは「家庭」だと考えます。家庭の中の妻であり母である女性がイキイキ輝く事で、夫や子供も気持ちよく社会(会社や学校など)に出ていくことができます。それが子供たちへの明るい未来社会に貢献できることとし活動しています

協会は3つのグループ組織

page-about-graph

当協会は、30年の歴史を持つ「NPO法人日本ハウスクリーニング協会」を母体とし、3つの協会が協力、運営しています。‘住まいと暮らしを快適’にし、家族が笑顔になれる日本の明るい未来に貢献します。

私たちが協会を設立しました

takahashi3

高橋 敬子

一般社団法人日本家事代行協会代表理事
NPO法人日本ハウスクリーニング協会理事
一般社団法人日本整理収納協会理事
家事楽ピュア 株式会社ピュアレディス・ライフ代表取締役

1996年3人の子供のシングルマザーとしてお掃除業界で起業。一度社会から離れた女性の就職難、子育てしながらの仕事と家事の両立の大変さを実感。そのことから「働く女性の支援と働く場の提供」は一体と考え、現在の活動に至っています。ハウスクリーニングの在宅スキルをマニュアル化し、各ご家庭のトータル的なメンテナンスを提唱し現在もプロフェショナルを育てています。

活動を詳しくみる

takahashi3

西田 初枝

一般社団法人日本家事代行協会副代表理事
ピュアレディス・ライフ入間店代表

下の子が小学校に入学したのを機にパートとして社会復帰するも子育てをしながら仕事を通じて、いろいろな疑問点が生じてきた。その経験を基に「新しい女性の働き方」を提案すべく日本家事代行協会の立ち上げに参加する。主婦、母親、女性全体が家事を通じて「イキイキ輝く社会」を目指すことで、社会全体が明るくなると信じ、活動中。

活動を詳しくみる

takahashi3

浦野 清美

一般社団法人日本家事代行協会理事
家事楽メンバーズ 株式会社マルヤ専務取締役

お掃除を始めて一番の壁は家庭。仕事と家庭の選択を迫られる日々。自己流お掃除にも限界があった。人との出会いが道を開き、世の中こんなに明るく元気な女性もいるのかと、勇気をもらいました。それが日本ハウスクリーニング協会。心の変化は、仕事も家庭もどっちも欲張りでいいんじゃないの。元々、自営の仕事から分離を始めます。自分で働き方も仕事も決められる自由さ、女性が自分らしく輝いて幸せになる応援を日本家事代行協会と共に活動していきたいとおもいます。

活動を詳しくみる

takahashi3

佐和田 久美

一般社団法人日本家事代行協会理事
家事楽ワンズコピー 株式会社ワンズコピー代表取締役

2010年株式会社ワンズコピーを設立しました、すべての始まりは日本ハウスクリーニング協会の素敵な皆さんとの出会いからです。きれいの重要性を伝え広める事で、子供達の笑顔と多くの女性の支援を行い、キラキラ輝く世の中を創っていきたいとおもいます。

活動を詳しくみる